ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

台湾・中原大学・中国語・文化研修 参加者募集

2017/11/06

◆プログラム◆
 授業は中国語で行われ、会話・読解・ライティングを学びます。チューターとの会話時間も設けられているので、短時間でもしっかりと勉強したい方にお勧めのプログラムです。また、授業の中に文化体験、課外活動が組み込まれており、体験授業を通じて台湾の文化に触れることができます。日本国内大学からの参加学生もいる混成プログラムです。
◆中原大学(Chung Yuan Christian University)
 中原大学は、1950年に創立し、80,000人の卒業生を輩出し、近年は国際化の推進でも知られるキリスト教系の大学です。桃園県中壢市に位置し、市内にはバスで20分ほど、台北には列車やバスを利用し約1時間程度で行くことが出来ます。


2018CLCEP紹介はこちら

◆実施期間◆
2018年3月4日(日)~3月25日(日)
◆対象◆
東北工業大学正規在学生
 *中国語レベル:初級~中級者向け
 *国籍は問いません
◆派遣学生◆
最大3名
◆参加費予定◆
プログラム費・渡航費は本学が半額負担します。

プログラム費   900USD(約10万円:宿泊費・入国帰国時の空港送迎・教材・傷害保険含む)
渡航費   約8万円(派遣決定後、航空機の残席により金額確定)
自己負担合計   約9万円
(海外旅行保険・食費・生活費は別途自己負担)
◆申し込み方法◆
別紙の応募申込書に記入し教務学生課・長町事務室に提出する。
◆申し込み締切(学内締切)◆
2017年11月30日(木)12:00
◆学内選考の方法◆
申し込みの締切後、提出された応募申込書による書類選考と必要により面接を実施して本学からの参加者を選考します。なお、参加者選考結果は、2017年12月中旬以降に通知します。

*詳細については、教務学生課(022-305-3110)でご確認ください。
 



タイ・泰日工業大学創立10周年記念式典参加および国際交流協定締結について

2017/10/02

 東北工業大学とタイ・泰日工業大学は、泰日工業大学が創立した平成19年度より国際交流協定を取り交わしております。今年で創立10周年を迎える泰日工業大学の記念式典に本学、今野弘学長が招待され、平成29年8月2日の記念講演および式典に出席をしました。また、今年度で期限となる国際交流協定を継続して締結するため、泰日工業大学の文化祭「TNI-DAY」(8月4日)に訪問する際に、泰日工業大学・ローッアラヤノン学長との協定調印式を行いました。タイと日本の友好のため、更なる国際交流の活性化に努めて、研究、教育、文化等について相互理解と友好親善を深めていくことを互いに確認しました。


泰日工業大学創立10周年記念式典にて

今野学長とローッアラヤノン学長が協定書に調印しました


台湾・玄奘大学「中国語・文化研修」に本学学生が参加しました

2017/10/02

 本学の国際交流協定校である台湾・玄奘大学にて開催した「中国語・文化研修」(平成29年8月7日~20日)に本学より3名の学生が参加しました。初級中国語を学ぶとともに台湾の史跡や名所を巡り、台湾の歴史や文化に触れる2週間の短期留学です。玄奘大学の学生との交流もあり、現地の先生方との楽しい小旅行もあり、台湾を満喫する研修となりました。今回、本学学生1名が途中で突発的な病気で入院することになった際に、玄奘大学の方々による献身的で思いやりのある行動には感銘を受けました。


台湾中部になる原住民族を紹介する九族文化村に行きました

台湾の学生たちとも楽しく交流ができました

入院中の学生と留学生、玄奘大学の学生、先生方と病院での修了式となりました
 


タイ・泰日工業大学「サマープログラム」に本学学生が参加しました

2017/10/02

 泰日工業大学では、日本国内の大学生に参加募集をするサマープログラムを毎年開催しています。本学からは学生2名が平成29年8月22日~9月2日で参加しました。プログラムでは、大学での講義でタイの歴史やタイ語を習い、タイの一般家庭へのホームステイ、現地の日本企業訪問もありました。小旅行では、博物館・寺院の見学やアユタヤの史跡見物、マングローブ植林活動などと盛りだくさんの10日間のプログラムでした。学生達も初めてのタイ旅行では、日本ではありえないような道路渋滞や生活習慣の違いなどに驚きつつも異文化に触れ、刺激ある短期留学となりました。


三島由紀夫の小説の舞台でも有名なバンコク市内にある暁の寺(ワット・アルン)

神秘的なアユタヤ遺跡であるワット・マハータット、菩提樹の根に覆われた仏頭は迫力があります

バンコク市内の交通渋滞は日常茶飯事とのこと
 


文部科学省「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」第8期生募集について

2017/07/25

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では,平成30年4月1日~平成30年10月31日までの間に留学が開始される計画(留学期間28日以上2年以内)を対象とした第8期生を募集しています。応募を希望する学生は,募集要項及び学内募集要項をよく確認の上、応募締切日までに教務学生課へ必要書類を提出してください。

<留学開始期間>
平成30年4月1日~平成30年10月31日
<申請書提出期間>
・学生から大学に提出する期限: 平成29年9月25日
・大学から機構に提出する期限: 平成29年10月20日
<申請方法>
留学計画書はインターネット上でオンライン入力となります。システムにログインするには「キーコード」が必要です。申請者は教務学生課までご連絡ください。
<募集コース>
募集人数:500名
大学全国コース450名: (独)日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生が対象
大学オープンコース50名: (独)日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を超える学生が対象
理系・複合・融合系人材コース 220名(新設:未来テクノロジー人材枠)
産業界のニーズに合った理系分野おける留学、先端領域における研究特徴のある取組を支援する(AI、ビッグデータ、ロボティクス等)
新興国コース80名
今後成長が期待される新興国(アジア等)への留学を支援する
世界トップレベル大学等コース100名
世界大学ランキング上位100位以内に位置する大学への留学を支援する
多様性人材コース100名
各々の分野において今後活躍が期待できる学生が行う留学を支援する
<支援内容>
(1)奨学金(月額12~20万円)、渡航費(10~20万円)、授業料(実費、上限60万円)等給付
(2)事前事後研修が充実
<留学計画の必要要件>
(1)留学プラン[受入機関(協定校可)+実践活動(インターンシップ・ボランティア・フィールドワーク等)]を自分で設計
(2)留学期間:28日間から2年以内
<募集要項及び申請様式ダウンロード>
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム ホームページ
http://www.tobitate.mext.go.jp/
※申請システムにログインするには「キーコード」が必要です。申請希望者は、教務学生課までご連絡ください。 教務学生課 国際交流担当(305-3110)

台湾・玄奘大学からの短期留学生修了式を執り行いました

2017/7/14

 平成29年6月14日から約1ヶ月、短期留学生として来仙した台湾・玄奘大学生2名の修了式を執り行いました。玄奘大学学部2年の沖本祐美さん、学部3年の陳采柔さんからは、本学で受講した授業のこと、学校生活、仙台での思い出などについて成果報告をしてもらいました。今野学長からも祝辞を頂き、約1ヶ月間という短い間でしたが、留学生二人にとっては、文化の違う他国での生活は今後に生かせるような機会になり、二人に携わった教員や本学学生にとっても貴重な経験になったのではないかといったお言葉を頂きました。留学生の受入れ研究室の佐藤飛鳥准教授からも、研究室において、二人がいた期間は他の学生達にも良い影響を与えることになりましたと言葉を頂きました。


来仙したときの留学生二人

陳さん、台湾には飲み会という文化はなく楽しかったとのこと

沖本さん、台湾の大学との違いについて報告しました

出席頂いた先生方、チューター学生との記念写真

今野学長、石川副学長と記念写真

チューター学生にも良い経験でした
   


タイ・泰日工業大学・サマープログラム参加者募集

2017/6/5

◆プログラム◆
マングローブ植林プログラム、タイの日系企業訪問、歴史と文化の学習
 本学と国際交流協定大学であるタイの泰日工業大学(以下TNI)において、ホームステイを伴うサマープログラムが開催されます。タイの歴史や文化および自然を学びながら、TNI学生と交流を深めてみませんか。 なお、このプログラムには日本の他大学からも多数の学生が参加します。TNIの学生そして日本の他大学の学生とコミュニケーションをはかる絶好の機会でもありますので、奮って応募してください。

◆実施期間◆
2017年8月23日(水)~9月1日(金)
◆対象◆
TNIと国際交流協定を締結している日本の30の大学の学部生、大学院生
◆派遣学生◆
2 名程度。学内選考あり。
本プログラム全体の定員は、15名~40名程度。
◆応募資格◆
心身ともに健康であること
◆語学能力◆
タイ語能力不問(授業は日本または英語で実施)
◆参加費予定◆
プログラム費・渡航費は本学が半額負担します。
※その他、海外旅行保険・食費・生活費は別途自己負担
◆申し込み方法◆
別紙の応募申込書に記入し教務学生課・長町事務室に提出する。(申込書はポータルサイトにて確認ください)
◆申し込み締切(学内締切)◆
2017年6月26日(月)12:00
◆学内選考の方法◆
申し込みの締切後、提出された応募申込書による書類選考を実施して本学からの参加者を選考します。
なお、参加者選考結果は、2017年7月初旬に通知します。

*詳細については、教務学生課(022-305-3110)でご確認ください。
 



台湾・玄奘大学「国際文化週」に学生が参加しました

2017/06/05

 平成29年4月24日から6日間、台湾・新竹市にある玄奘大学で開催される「国際文化週」イベントに本学学生4名を派遣しました。イベントでは、学生達が東日本大震災や本学における研究やキャンパス生活などをテーマに発表を行いました。また、玄奘大学生との交流もあり大変楽しく過ごすことができたようです。


台湾・玄奘大学・中国語・文化研修 参加者募集

2017/4/25

◆プログラム◆
 授業は中国語で行われ、会話・リーディング・ライティングを学びます。チューターとの会話時間も設けられているので、短時間でもしっかりと勉強したい方にお勧めのプログラムです。また、授業の中に文化体験、課外活動が組み込まれており、体験授業を通じて台湾の文化に触れることができます。
◆玄奘大学( Hsuan Chuang University)
 玄奘大学は、台湾北部の新竹市にある1997年に創立された仏教系の私立大学で、仏教の玄奘三蔵法師を記念して名づけられました。前身は、玄奘人文社会学部で、インターネットテレビ局等も運営しています。台北からは台湾高速鉄道(新幹線)を利用し約1時間程度で行くことが出来ます。

◆実施期間◆
2017年8月7日(月)~8月19日(土)
◆対象◆
東北工業大学正規在学生
 *中国語レベル:初級~中級者向け
 *国籍は問いません
◆派遣学生◆
3 名程度
◆参加費予定◆
プログラム費・渡航費は本学が半額負担します。
  プログラム費   未定(宿泊費・教材・傷害保険など)
  渡航費      約8万円(派遣決定後、航空機の残席により金額確定)
   (海外旅行保険・食費・生活費は別途自己負担)
◆申し込み方法◆
別紙の応募申込書に記入し教務学生課・長町事務室に提出する。(申込書はポータルサイトにて確認ください)
◆申し込み締切(学内締切)◆
2017年5月22日(月)12:00
◆学内選考の方法◆
申し込みの締切後、提出された応募申込書による書類選考と必要により面接を実施して本学からの参加者を選考します。なお、参加者選考結果は、2017年6月中旬以降に通知します。

*詳細については、教務学生課(022-305-3110)でご確認ください。
 



Contents

東北工業大学紹介映像

ページトップ